雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>植物部>牡丹

牡丹(ぼたん)

牡丹

○撮影場所:京都市伏見区 御香宮神社拝殿 (蟇股)
○制作年代:寛永2(1625)年
花の形でもわかると言えばわかるが、やはり葉の形が牡丹の決め手である。
つぼみは球状であるのも覚えておくといいかもしれない。

■概要
ボタン科ボタン属の落葉小低木。
中国では「花王」と称され、百獣の王である「獅子」との組み合わせが定番。
但し、装飾彫刻では意外と見分けがつかないことが多く、芙蓉、長春(バラ)、蓮などの 混同に注意が必要。

■特徴
・花は大きく、多弁
・葉は3つに分かれる(葉が唐草模様になる場合がある)
・つぼみは球状
・組み合わせ:唐獅子   など
・類似:芙蓉  バラ(長春)  
・牡丹の姿:下記へ

■意味
富貴、高貴を象徴する。また「花王」の称を持つ。家紋でも最高峰に位置する 格式をもつ。

出典・参考

・高藤晴俊『図説社寺建築の彫刻』
・『日本・中国の文様事典』

○牡丹の姿
場所 建物名 形状 部位 年代
大津市園城寺 金堂 彫刻 手挟 1599年
奈良市法華寺 本堂 彫刻 手挟 1601年
金沢市尾崎神社 拝殿 彫刻 手挟 1643年
京都市八坂神社 拝殿 彫刻 手挟 1654年
大阪市大阪天満宮 拝殿 彫刻 手挟 1845年
高岡市勝興寺 唐門 彫刻(家紋)
Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.