雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾の間>装飾意匠図譜>神話・人物部>書を読む人

書を読む人(しょをよむひと)

書を読む人

○撮影場所:富山県高岡市 伏木曳山石坂町山
○制作年代:万延元(1860)年
書を書く人はこちら

■概要
中国士大夫の教養「琴棋書画」のうち「書」に該当する。 図像によっては書を書いている場合と書を読む(読書)場合とがある。
江戸時代は出版の時代といわれるほど、本が出た。そして世界にもまれに見る 識字率の高さが読書熱をあげた。内容も教養書から小説、娯楽まで幅広く、 江戸のコスモロジーの奥深さがうかがえてくる。
・関連:琴棋書画

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.