雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>霊獣・動物部>スウ虞

スウ虞(スウ虞)

虎

○撮影場所:埼玉県長瀞町 宝登山神社拝殿
○制作年代:明治7(1874)年
組み合わせから四神の白虎としての表現だが、炎をまとう姿は『和漢三才図会』にあるスウ虞である。

・正徳2(1712)年『和漢三才図会』巻第三十八 獣類 スウ虞(ワイド版東洋文庫『和漢三才図会』6)
『本草綱目』に、酋耳【スウ虞の別名】は状は虎に似ているが白くて黒文がある。尾は身体よりも長い。 太平の世に姿をあらわす。生きた物を食べず、自死した動物を食べる。虎、豹を見ればこれを殺す、とある。

虎のページに戻る  虎百態(年表)のページに戻る

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.