雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>霊獣・動物部>龍馬

龍馬(りゅうば)

龍馬

○撮影場所:京都市上京区 北野天満宮拝殿(蟇股)
○制作年代:慶長12(1607)年
麒麟でもなく犀でもない。便宜上、龍馬とした。

■概要
もともとは駿馬のことを龍馬というが、中国の伝説では 黄河から出現し、その背には「河図」という瑞祥が描かれていたという。
日光東照宮陽明門に龍馬の彫刻はあるが、その他では少ない。

■特徴
・顔は龍のよう
・体は馬のよう、火炎(わきから出ている)を帯びる
・髭はない、角あり
・波を走る
・類似:麒麟  
・龍馬と思われる彫刻:大津市園城寺金堂

■メモ
龍馬は中国黄河から出現した霊獣です。
波を走る馬らしい彫刻はあるようですが、名が一定ではなく、「海馬」といわれる モノもあるそうです。
龍馬の装飾は日光東照宮でも例が少なく、かつ上半身しかないもの ばかりらしく、情報が極めて少ない霊獣です。

出典・参考

・高藤晴俊『図説社寺建築の装飾』

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.