雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>霊獣・動物部>鯉

鯉(こい)

鯉

○撮影場所:京都市伏見区 御香宮神社拝殿 (唐破風)
○制作年代:寛永2(1625)年
鯉とくれば滝登りであるが、一番よく見るのは端午の節句の鯉のぼり。

■概要
硬骨魚綱コイ目コイ科に属する淡水魚。
海の鯛、川の鯉と比べられ、古くから食の王と言われた。
龍とのつながりがあり、鯉の滝登り(登龍門)は有名。

■特徴
・髭がある
・割と大きめに造られる
・組み合わせ(関連):水(滝) 琴高仙人(鯉に乗る)
・鯉百態:下記へ

出典・参考

・高藤晴俊『図説社寺建築の彫刻』
・『日本・中国の文様事典』

鯉百態

場所 形状・部位 年代 備考
京都市豊国神社 綿板彫刻 16世紀末
京都市北野天満宮 欄間彫刻 1607年
高山祭琴高台 欄間彫刻 1838年
高山祭琴高台 飾金具 1838年
大阪市大阪天満宮 灯籠
Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.