雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>植物部>柿

柿(かき)

柿

○撮影場所:東京都台東区 上野東照宮(透塀)
○制作年代:慶安4(1651)年

■概要
カキノキ科カキノキ属の落葉樹。
木は建築資材、実は食用、渋柿からとれる柿渋は防腐・防水材に使用される。
装飾彫刻ではそう見ることがなく、管見の限りでは日光東照宮・上野東照宮のみ。

■特徴
・葉は楕円形
・球型の果実に四弁のへたがつく
・類似: 蜜柑 梨(彩色があれば間違わない)

出典・参考

・高藤晴俊『図説社寺建築の彫刻』
・高橋幹夫『絵で知る江戸時代』

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.