雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>器物部>太刀

太刀(たち)

太刀

撮影場所:富山県高岡市 高岡御車山二番町(飾金具)
軍配とのセット。

■メモ
太刀とは日本刀の一種で、平安時代以降に作られた大振り、かつ 刃を下向きにして佩用(はいよう、腰に差すのではなく、腰に吊り下げる) する刀のことをいいます。しかし、戦闘スタイルが変わるにつれて 打刀に主役を譲ることになりました。
以降、戦闘で用いられる機会は少なくなったものの、儀礼、神々への奉納品 (神宝)などには用いられており、一種のステータスシンボルといえるもの といえるでしょう。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.