雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>器物部>袖(鎧部分)

袖(そで 鎧部分)

袖

撮影場所:富山県高岡市 高岡御車山二番町(飾金具)
刀とのセット。

■メモ
袖とは鎧の部品の一つで、肩から肘までを護る防具です。 大鎧などには必ず用いられ、盾の役割も果たしました。
神社への奉納品では袖の部分に虎の装飾を施したり する例があります。また、大鎧の場合は段々と実用から 形式化(飾りとしての鎧)へ動き、さまざまな装飾が施された ものが現存しています。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.