雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>器物部>大判

大判(おおばん)

大判

○撮影場所:富山県高岡市 伏木曳山本町山
○制作年代:天保12(1841)年
銭を装飾に使うことはままある。 大判と判断したのは「拾両」と書いてあるから。

■メモ
大判はよく「大判小判」といわれるほうの大きいものですが、実用されるものではなく、 主に贈答用として使われました。初めて作られたのが豊臣秀吉による「天正大判」、以後、 江戸時代まで作られています。
金は財宝のひとつですから、「宝尽くし」にも使われます。また、刀の鍔(つば)の 文様などでも見かけることがあります。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.