雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>器物部>鞍

鞍(くら)

鞍

撮影場所:富山県高岡市 高岡御車山二番町(飾金具)
左にあるのは旗。武具のセットである。

■メモ
鞍は馬に乗るための馬具として用いられてきました。当然実用的なものでしたが 藤ノ木古墳出土品に見られるような透彫、また螺鈿(らでん)の施された鞍など 工芸品としての姿もあり、それは権威の象徴ともなりました。
しかし、鞍が装飾に用いられる例は管見の及ぶところではこれくらいです。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.