雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>器物部>笠

笠(かさ)

笠

○撮影場所:富山県高岡市 伏木曳山本町山
○制作年代:天保12(1841)年
笠は宝尽くしの中でも形が目立つ。また、普通に使う笠が文様に使われることもある。

■メモ
笠(かぶるほうのモノ)は、かぶれる人が限られた貴重品でした。
蓑や笠が宝尽くしに入っているのは貴重品というのもありますが、形の面白さ、 それから伝説のもの(かぶると身を隠すことが出来る、など)ということだからです。
もちろん、普段写真のような笠をかぶるものはおらず、異国情緒の出た姿をしている のが宝尽くしにおける笠の特徴です。
なお、編笠や市女笠が装飾文様に使われることもあります。

出典・参考

・『日本・中国の文様事典』

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.