雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>器物部>兜

兜(かぶと)

兜

撮影場所:富山県高岡市 高岡御車山二番町(飾金具)
矢とのセット。前立の分銅は二番町の主座にちなむか。

■メモ
兜は頭部を護る防具です。
当然のことながら身を護る防具なので実用的なモノですが、権力の誇示や 目立つためにさまざまな装飾が施されました。戦国時代には一群の「変わり兜」 というモノがあり、もはや防具の域を出てしまったようなものさえあります。
兜が装飾として用いられる例はあまりないのではないかと思います。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.