雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>器物部>錨(いかり)

錨(いかり)

錨

○撮影場所;富山県小矢部市 石動曳山南上野町山(標識)
錨を装飾に使っている例はこれ以外、今のところ見たことがない。

■メモ
錨というと、船を係留するためにはなくてはならないものです。
錨を装飾として使う例は今のところ見当たりませんが、きっとかたちの 面白さから目立つということで使われたものだと思います。
ちなみに、『平家物語』では平知盛が錨を身体に巻きつけて入水したという 「錨知盛」の場面があります。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.