雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>器物部>法螺貝

法螺貝(ほらがい)

法螺貝

○撮影場所
富山県射水市 新湊曳山祭新町山(標識)
装飾で器物が用いられるのは、その形の面白さ、もしくは貴重性による。 法螺貝はその両方を満たしている。

■メモ
法螺貝という貝は実在する貝です。日本では沖縄によくある そうです。その貝を加工して音が鳴るようにします。
楽器としては山伏が持っているもの、もしくは戦いのときに 打楽器と一緒につかう鳴り物として使います。
ではなぜこれが装飾に使われたかといいますと、かたちの 渦巻く面白さからです。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.