雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>器物部>宝珠

宝珠(ほうじゅ)

宝珠

○撮影場所:富山県高岡市 伏木曳山祭本町山
○制作年代:天保12(1841)年
ここでは「宝尽くし」で使われているが、宝珠は単体でもよく使われる。
大黒天やダキニ天の象徴として、また、どんな願いでも叶うものとして。

■メモ
宝珠は、もともと密教法具の一つです。なんでも望みを叶えてくれる珠「如意宝珠」 という信仰(釈迦の骨でできているといわれます)がありまして、中世以降は絶大な 人気がありました。一説には龍の持つ宝とも言われています。
実際にはないのですが、「宝尽くし」の文様として、また、上に書いたような諸尊の 象徴としてよく見かけます。

出典・参考

・『日本・中国の文様事典』

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.