雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>器物部>旗

旗(はた)

旗

撮影場所:富山県高岡市 高岡御車山祭二番町(飾金具)
右にあるのは鞍。武具のセットである。

■メモ
旗(幡、幟など)は古来から目印として使われてきました。儀礼の道具、 目立つための標識、そして象徴など用途はいろいろです。写真にあるのは「流れ旗」という類です。
旗自体に装飾が施されることはどれだけでもありますが、 旗がこのように装飾で使われる例はほとんどないのではないかと思います。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.