雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>器物部>源氏車

源氏車(げんじぐるま 家紋として)

源氏車

○撮影場所:兵庫県姫路市 姫路城の丸瓦
姫路藩主であった榊原氏が用いた家紋。

■メモ
車の車輪が家紋になる、というと驚くかもしれませんが、 牛車の車輪です。平安時代、牛車は高貴の証でして、 その車輪だけでも文様化されました。
ただ、江戸時代までいくと、形の面白さが気に入られ、 使われています。
写真のものは六本骨源氏車といいます。
骨は、中心から出ているもの。源氏車というのは、 『源氏物語』の世界を象徴するものが牛車ということで つけられた名前です。
なお、骨の多少などから名称が変わります。

出典・参考

・『日本・中国の文様事典』

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.