雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>建築装飾探訪>日光東照宮

日光東照宮

日光東照宮

○データ
・場所:栃木県日光市 日光東照宮
・年代:元和3(1617)年創建 現社殿群は寛永13(1636)年建替
・国宝、国指定重要文化財

日光東照宮の建築物(順次追加)
五重塔 仮殿 表門 神厩 神庫 水屋 経蔵
鐘楼 鼓楼 本地堂 陽明門 陽明門袖塀 廻廊 唐門
拝殿・石の間・本殿 神楽殿 護摩堂 坂下門

日光東照宮は元和3(1617)年、徳川家康を神として祀るために創建されました。 全国にある東照宮の総本宮の役割を持ち、奥宮には徳川家康の遺骸が葬られています。
現在ある社殿群は徳川家光による造替で、寛永13(1636)年のモノ。絢爛豪華にして 霊廟建築の最高峰といっても過言ではありません。そしてなんといっても華麗なる装飾彫刻群。 かのブルーノ・タウトからは酷評されたものの、最近では装飾彫刻に着目されつつあります。
大袈裟に言えば、日本の装飾彫刻の総本山といってもよいかも知れません。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.