雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>建築装飾探訪>知恩院御影堂

知恩院御影堂

知恩院御影堂

○データ
・場所:京都府京都市東山区 知恩院御影堂
・年代:寛永16(1639)年 徳川家光の再建
・装飾箇所:木鼻 蟇股(向拝) 手挟 妻飾り 落とし金
・国宝

知恩院は浄土宗の総本山で、今の境内は江戸時代になってから徳川将軍家によって 整備されたものです。その建物の巨大さは、もし京都で戦いが起こった時に、徳川家の 陣にするため、と言われているほどです。
この御影堂は法然(1133〜1212)をまつる建物として、徳川家光により再建 されました。
さて、装飾は向拝部分に集中しています。木鼻の獏、蟇股向かって左から 犀(裏は波)、麒麟(裏は雲)、龍(中心 裏は波)、虎(裏は笹)、 唐獅子(裏は牡丹)、手挟向かって左から 、迦陵頻伽、天女、龍、蓮、 そして妻飾りには牡丹と蟇股に鳳凰が彫刻されています。
また、気付きにくいところにあるのですが、扉の落とし金の部分には劣化が激しいとは言え 河童?、蝉?の金具が取り付けられています。
彫刻は仏教的な主題と中国的なものが混合していますが、当時では当たり前の姿でして、 奇抜なものとはいえません。あえて言えば主に魔除けの意味が強いものといえましょう。 ただ、落とし金の金具については防火という意味(亀・河童)と 泥棒よけ(蝉)という意味が混ぜてあり、見ものです。
また彫刻が素木であるのは信濃善光寺などの浄土宗関係、もしくは東西本願寺の 阿弥陀堂や御影堂にもいえることですが、外観は控えめに、内部、特に本尊のおわす 内陣より奥は絢爛豪華(浄土の表現)にと言う点で共通しています。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.