雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>建築装飾探訪>高山祭(春)>龍神台

高山祭(春) 龍神台(りゅうじんたい)

龍神台

○データ
・名称:龍神台(からくり人形)
・文化4(1807)年には存在
・文化12(1815)年改造
・弘化3(1846)年修理
・明治13(1880)年改造
・昭和41(1966)年修理

○写真
龍神(人形)

○メモ
龍神台は謡曲「竹生島」にのって演じられるからくりを乗せる屋台で、童子が置いた 壺から龍神が出て舞うというものです。 装飾は龍にちなんだものが多く、上段破風、木鼻、中段欄間には龍の子とされる 飛龍の彫刻が施されています。 中段の柱や下段には龍の彫刻がされています。
また、上段欄間部分には彩色された牡丹の彫刻が施され、華を添えています。
背面見返し幕も龍にちなんだもので、龍の昇天図、もう一点は久邇宮朝彦親王 (1824〜1891)の書で、明治天皇の鳳輦の裂(きれ)を用いて書かれたもの です。
主役はあくまでもからくり人形ですが、それを演出する装飾にも一見の価値がある 屋台です。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.