雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>建築装飾探訪>高岡御車山祭

高岡御車山祭

○データ
・開催日:4月30日(宵祭り) 5月1日(曳山巡行)
・場所:富山県高岡市街
・年代:創建は慶長15(1610)年と伝承、現在の姿になったのは江戸中期か?
・台数:7基(写真左より 通町御馬出町守山町木舟町小馬出町一番街通二番町
・参考ページ:高岡御車山のみかた
・参考資料:高岡市教育委員会『高岡御車山 華やかな神の座』 宇野通『加越能の曳山祭』
・国指定重要有形・無形民俗文化財
(写真は勢揃い式にて、但し2基は写っていない)

高岡御車山祭は富山県曳山の元祖とされる曳山祭で、この祭りのみ以下に挙げる理由から 「御車祭」と言われています。
伝承によると、この山車の原型は豊臣秀吉が後陽成天皇・正親町上皇を聚楽第に迎えるときに使ったものを 加賀藩初代藩主前田利家が拝領、二代前田利長が高岡城築城時に高岡の町民に与えたのが始まりといいます。
この伝承の信憑性はその当時に書かれた古文書がありますが、どのような規模であったかはわからず、 また慶長年間と具体的に書いてあるのは後世の記録で、これもそのまま信用するわけには行きません。 しかし、加賀藩からの優遇は否めず、これら7基以外で高岡町内で曳山を作ることを 禁止したり、他の地域で御車山に似た曳山が出ると訴訟が起きたりと、富山曳山元祖、 藩主より拝領という名誉は揺るぎないものでした。
曳山については富山曳山の原型と見てもいい姿であり、後に現れる曳山に多大な影響を及ぼしたといえる姿です。 その由緒正しさからか、巡行時は極めて優雅に動き、曳山装飾も当代一の技術をもって 施されたものばかり。まさに元祖の名に恥じない姿といってもいいのではないでしょうか。

詳しくは 高岡御車山  高岡市教育委員会文化財課 の各サイトを御覧下さい。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.