雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>神話・人物部>楊香

楊香(ようこう・ようきょう)

楊香

○撮影場所:富山県富山市 八尾曳山祭今町山
○制作年代:慶応3〜明治7(1867〜1874)年
子どもの楊香が、自らの身を賭して虎に立ち向かっている場面。
・楊香の姿:下記へ

■物語(中国二十四孝)
楊香は父と山に入った時虎に遭い、父の命を守るために追い払おう とした。しかし敵わなかったので天に自らを犠牲にし、父を守りたまえと祈った。
すると虎が逃げていき、無事に父子で家に帰ることが出来たという。

出典・参考

・中国二十四孝 楊香(日本古典文学大系『御伽草子』)
楊香はひとりの父をもてり。ある時父と共に山中へ行きしに、忽ちあらき虎にあへり。 楊香父の命を失はんことをおそれて、虎を追い去らんとし侍りけれども、かなはざる程に、 天の御あはれみを頼み、「こひねがはくは、わが命を虎に与え、父を助けて給へ」と、 心ざし深くして、祈りければ、さすが天もあはれと思ひ給ひけるにや、今まで猛きかたち にて、取り食はんとせしに、虎にはかに尾をすべて逃げ退きければ、父子ともに虎口の 難をまぬがれ、つつがなく家に帰り侍るとなり。これひとへに孝行の心ざし深き故に 、かやうの奇特をあらはせるなるべし。

○楊香の姿
場所 建物名 形状 部位 年代
京都市御香宮神社 表門 彫刻 蟇股 1623年以前
富山県氷見祇園祭 南上町山 彫刻 高欄 1903年以降
Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.