雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>建築装飾探訪>御香宮神社表門

御香宮神社表門

御香宮表門

○データ
・場所:京都府京都市伏見区 御香宮神社表門
・年代:元和8(1623)年 現在地に移築といわれる
・装飾箇所:門正面の蟇股4箇所
・国指定重要文化財

御香宮神社は安産の神である神功皇后を中心として祭っている神社です。
さて、この表門ですが、1623(元和8)年、水戸藩初代藩主徳川頼房(1603〜1661) によって寄進されたものと伝えられ、もとは伏見城の大手門であったといわれています(伏見城から移築されたという 建物は数々あるといわれるが、信憑性は高いといわれる。これが真実だとすれば1601年の伏見城再建時のものか)。
装飾は少ないですが、写真で注連縄がかかっているところの上部蟇股4箇所に中国二十四孝のうち 孟宗の竹の子掘り、唐夫人が乳を与える、郭巨の穴掘り、楊香の虎退治の彫刻がされています。
彫刻には胡粉(白色)の痕が見られ、彩色の下塗りであると思われますので、もともとは彩色が施されて いたのではないかと思います。
ただ、伏見城にあった時点からこのような彫刻があったのか、移築時に加えたのか、この4種類が 選ばれた理由などを考えますと、謎が多い状態です。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.