雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>神話・人物部>天女

天女(てんにょ)

天女

○撮影場所:京都市上京区  北野天満宮拝殿(手挟)
○制作年代:慶長12(1607)年
北野天満宮が神仏習合だったことの名残か?見づらいが2体確認できる。

■概要
主に仏教の世界に登場。固有名詞はないが、仏の世界を表現するのになくてはならない。
彩色はほぼ白い肌(高貴の証)で、美しい姿を表現、楽器を持つことによって極楽に 聞こえるという音楽を奏でる。
写真に見えるのは楽器ではなく花の入った籠。これを散らすことによって 仏の世界を荘厳するという意味がある。

■特徴
・寺院限定(神社にはまずいないが例外あり)
・女性の姿、手に楽器などを持つことがある
・類似:迦陵頻伽(下半身の違いでわかる)

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.