雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>神話・人物部>周倉

周倉(しゅうそう)

周倉

○撮影場所
富山県南砺市 城端曳山祭千枚分銅山
(神像 全身の姿はこちら
○制作年代:寛政8(1796)年
主神は関羽で、周倉は随身に当たる。 何ともいえないコミカルな顔と、帽子が特徴。

■概要
中国三国時代の蜀の武将。
関羽の配下として現われますが、『三国志演義』 による架空の人物のようである。
もとは盗賊だったといい、 改心し、関羽第一の家来になったという。
関羽を祀る関帝廟には関羽を護るかのように 祀られている。架空の人物でありながらも、ここまで破格の 待遇を受けているのは、人気のある証拠か。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.