雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>神話・人物部>子路

子路(しろ)

子路

○撮影場所:埼玉県長瀞町 宝登山神社拝殿
○制作年代:明治7(1874)年
米俵を背負い、家に向かう子路。

■概要
孔子の弟子のひとりで、十哲に入る人物。子路は字で姓は仲、名は由。
勇猛果敢な人物で、軽率な行動もあるが、孔子から愛された弟子のひとりである。
『論語』では最も登場する弟子である。

■物語(中国二十四孝)
子路は貧しい暮らしをし、粗食で過ごしていた。
米俵を背負っているのは、母のためのものであり、遠路をいとわず運んでいたのだ。
この行動を孔子は感じ入っていたという。

 
Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.