雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>神話・人物部>寿老人

寿老人(じゅろうじん)

寿老人

○撮影場所:愛知県半田市 上半田地区福神車
○制作年代:弘化3(1846)年
鹿がいれば寿老人であることは確実といいたいが・・・。福禄寿との混合が激しい。
寿老人は一般に頭巾をかぶっていないが、かぶっているものも。

■概要
中国北宋時代の人物といわれ、別名南極老人。七福神の一人。
りゅうこつ座のカノープス(日本からはほとんど見えない)の 化身といわれる。
福禄寿との区別がつかず、図像の特徴から捉えようにもどちらも鶴や鹿を伴い、 老人の姿、頭が長いなど、共通点ばかりで、あとは残された伝承に従うしかない。

■特徴
・老人の姿、白い髯を生やす
鹿を連れている(を連れている場合も)
・杖、巻物、団扇のどれかを持つ
・類似:福禄寿(同体といわれる)
※参考図版:新湊曳山祭中町山  城端曳山祭鶴舞山

参考・出典

・正徳4(1714)年『絵本故事談』巻之二 七福神(『江戸怪異綺想文学大系』3)
福禄寿は南極老人星なり。此星あらはるる時は国家治安にして寿を主と云々。 もろこしの元祐年中に、京に一人の老人あり、身の長三尺にして首元その半にあり、 日々に市に出て吉凶を卜ひ銭を得てすなはち酒を呑む。(中略)後世是を画にかたはらに 鹿及び鶴亀をゑがく。禄鹿音おなじきによつてなり。亀鶴はその寿をとれり。 寿老人といふもおなじ事也。別と思ふべからず。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.