雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>霊獣・動物部>蝶

蝶(ちょう)

蝶

○撮影場所:京都市中京区 二条城唐門(唐破風)
○制作年代:寛永3(1626)年
羽の色は青、牡丹の花との組み合わせで、華麗な姿が引き立つ。 武家の装飾には不釣合いかもしれないが・・・。

■概要
昆虫綱鱗翅目に属する昆虫の一部の呼び名。
その美しさは洋の東西問わず愛され、装飾に使われている。

■特徴
◎実際と姿は同じ
・色は多種多様
・黒い筋などが入ると揚羽蝶
・組み合わせ:牡丹 
・蝶百態:下記へ
※参考図版:揚羽蝶(家紋)

■来歴
文様では比較的早く用いられ、有職文様では蝶を用いた優雅なものが 多く見られる。家紋でも種類は豊富で、俗説ではあるが平家が揚羽蝶を用いた と言う話もある。
後には蝶と猫と牡丹というように、主役ではないが装飾としての位置は確保している。

■意味
死者の魂をあらわすといわれる。

出典・参考

・高藤晴俊『図説社寺建築の彫刻』
・『日本・中国の文様事典』

蝶百態

場所 形状・部位 年代 備考
姫路市姫路城
高岡御車山通町 飾金具
高岡御車山木舟町 飾金具
Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.