雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>霊獣・動物部>青ダク

青ダク(せいだく)

青ダク

○撮影場所:富山県高岡市 勝興寺本堂 (蟇股)
○制作年代:明治末期
とにかく謎の多い霊獣、『和漢三才図会』に記載されているものの、その他の情報は 今のところない。幅広い情報を求めます。

■概要
伝説の瑞鳥。『和漢三才図会』には『拾遺記』の引用として 「人面に鳥の喙、八つの翼をもち一足、毛の色は雉に似ていて進行するにも 土をふまない。」としており、挿絵もある。
写真は正和勝之助『勝興寺の装飾彫刻』に則り青ダクとした。

■特徴
・顔は人間に近いという
・翼は8枚、脚は1本

青ダクはガルーダではないか?と言う意見が寄せられています。インドのモノが中国を経て 日本に流入したといえるかもしれません。
仏尊ではカルラがそれに該当しますので、可能性は否定できないところです。
情報をご提供くださいましたFさん、Yさん、ありがとうございました。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.