雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>霊獣・動物部>解豸>獅子形の解豸

解豸【獅子形】(かいち)

解豸

○撮影場所:栃木県日光市 太猷院二天門
○制作年代:承応2(1653)年
組合せは牡丹。一見すると獅子だが、特徴から解豸としたい。
便宜上、獏に似た形相の解豸を「獅子形の解豸」とする。

■特徴
・角は一角、顔は獅子
・牛、もしくは獅子や麒麟のような体つき
・体毛は獅子のようにカール
・炎をまとう
・足は獅子や虎に似る(蹄はなく、いわゆる獣の足)
・類似:麒麟 唐獅子
・詳しくは拙レポート解豸像の再検討と課題‐絵手本・彫刻などを基に‐(pdfファイル)をご覧ください

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.