雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>植物部>瓜

瓜(うり)

瓜

○撮影場所: 栃木県日光市 日光東照宮輪蔵
○制作年代:寛永13(1636)年
靴が一足みえるが、「瓜田に履を納れず」の故事が込められている。

■概要
ウリ科の果菜類の総称。種類は多様であり、メロンやスイカ、胡瓜、カボチャなど。 日本では古くからマクワウリやシロウリが知られており、水分補給や漬物製造に使われた。
装飾彫刻では見ることが少ない。管見では日光東照宮、北野天満宮、上野東照宮くらい。

■特徴
葉は大きく五裂、実は縦に溝が入る。

■意味
蔓が茂ることから、蔦と同じく、繁栄の意味があるとされる。

出典・参考

・高藤晴俊『図説社寺建築の彫刻』
・『日本・中国の文様事典』
・『中国五福吉祥図典 喜』

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.