雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>植物部>かたばみ

酢漿草(かたばみ 家紋として)

ケンカタバミ

○撮影場所:兵庫県姫路市 姫路城(丸瓦)
姫路藩酒井家のみ使用が許された姫路剣酢漿草という形。
剣三本を抜けばカタバミとなる。

■メモ
かたばみは葉がクローバーのような形をしており、花もつけます。 どうやら、葉がすっぱい味がするらしいのです。
かたちが優美な姿ということで平安時代末ごろから文様化し、 使われてきたようです。
さて、写真をみますと、中心から3つ、剣の形 のようなものが出ています。ですのでこのかたちを剣酢漿草 (けんかたばみ)といいます。剣をはずせばただのかたばみです。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.