雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>植物部>瓢箪

瓢箪(ひょうたん)

瓢箪

○撮影場所:富山県高岡市 伏木曳山祭中町山(標識)
瓢箪の形は目立つことから、曳山の標識などによく用いられる。

■概要
ウリ科ユウガオ属の植物。和名ひさご。 瓢箪とは、果実の中身を抜き取り、乾燥させた入れ物という意。
装飾では馬印など標識として観ることが多いが、装飾彫刻では未見。

■特徴
くびれた果実が見まごう事なき特徴。

■意味
蔓が繁茂する様子から子孫繁栄が言われる。

出典・参考

・『日本・中国の文様事典』
・『中国五福吉祥図典 喜』

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.