雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>植物部>藤(家紋)

藤(ふじ 家紋として)

藤

○撮影場所:奈良県桜井市 談山神社東殿
○制作年代:元和5(1619)年造営 寛文8(1668)年移築
装飾彫刻で藤を見ることはほとんどない。

■概要
マメ科フジ属のつる性落葉木。日本固有種で4月〜5月に藤色の花をつける。
装飾としては家紋に用いられるが、藤原氏末裔を名乗る家系、また藤原氏と 関係を持った家がそのしるしに用いている。しかし、牡丹であったりすることもあるので、 一概に藤を用いるとは言えない。
装飾彫刻では管見の限りこの一点のみ。談山神社は藤原氏に縁のある所なので、 用いたのであろう。

出典・参考

・『日本・中国の文様事典』

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.