雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>植物部>枇杷

枇杷(びわ)

枇杷

○撮影場所:栃木県日光市 日光東照宮神厩
○制作年代:寛永13(1636)年
葡萄(ぶどう)、楊梅(やまもも)と間違えやすい。見分け方は葉の違い。

■概要
バラ科ビワ属の常緑高木。中国南西部原産。
装飾彫刻では栗鼠や鼠、猿との組み合わせで見ることが多い。

■特徴
・実は少し大きい珠が連なる形
・葉は裂けない(長楕円形)が、ぎざぎざがつく
・組み合わせ:栗鼠(りす)   
・類似:楊梅(やまもも) 葡萄(ぶどう)
実のかたちでは混同しやすいので、葉が長楕円形で、かつ鋸歯であるところをみたい。

■意味
実り豊か、長寿(冬に花を付けることから)

出典・参考

・高藤晴俊『図説社寺建築の彫刻』
・『日本・中国の文様事典』

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.