雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>植物部>朝顔

朝顔(あさがお)

あさがお

○撮影場所:石川県金沢市 玄門寺本堂(格天井絵画)
見るからにわかりやすい青色の朝顔。うっすらではあるが蔓も見える。

■特徴
・基本はラッパ形の花、蔓がある
・見間違えることはないかと思われるが、秋の花であることに注意

■メモ
朝顔は、今となっては夏の花ですが、季語では 秋に分類される花です。
蔓を巻き、さまざまな色の花を咲かせますが、江戸時代後期、 朝顔は一大ブームを巻き起こし、身分関係なく朝顔を栽培しだすという ことが起こりだします。 遺伝子操作などと言う言葉もない中、さまざまな朝顔(葉にこだわる人、 花にこだわる人、さまざまなこだわりがありました)が出現し、 いくつかは今も残っています。変化朝顔と言っています。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.