雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾彫刻探訪>勝鬘院多宝塔

勝鬘院多宝塔

多宝塔

○データ
・場所:大阪府大阪市天王寺区
    勝鬘院多宝塔
・年代:慶長2(1597)年  豊臣秀吉寄進
・装飾箇所:蟇股の十二支、内部絵画
・国指定重要文化財

勝鬘院(しょうまんいん)は四天王寺の近くにある寺院です。
聖徳太子がこの寺院のあるところで勝鬘経というお経を 講読したことから付いた名前だといいます。
大阪は第二次大戦の空襲で大きな被害を受けましたが、 この寺院だけは焼けなかったので建物が残っているのです。
愛染明王を祀ることから、「愛染さん」とも呼ばれ、こちらのほうが 通りはいいようです。

この1597(慶長2)年建立の多宝塔は、 見た限り何の変哲もない塔なのですが、一重目にある蟇股 に十二支の彫刻が施されています。彩色は剥落(白色〔胡粉〕のようなもの が見えるので、もともとは彩色がされていたと思われる。胡粉は彩色の下地に使う) していますが、彫刻は綺麗に残っています。 十二支としては現存最古の装飾彫刻です。

多宝塔

十二支は方向を表わしており、この多宝塔は南向きに立っているので が正面。 そこから時計回りにと一周します。 恐らく方位守護の意味が込められているのでしょう。
また、十二支のほとんどには雲が配されており、神性が感じられます。

彩色もなく、またそれほど大柄ではない彫刻なので地味ですが、十二支を 装飾彫刻として用いた現存最古例としてこの勝鬘院多宝塔は観る価値があります。

参考ホームページ :勝鬘院愛染堂公式ホームページ

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.