雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>建築装飾探訪>西教寺

西教寺(唐門・本堂・客殿・鐘楼)

西教寺

○データ
・場所:滋賀県大津市坂本 西教寺本堂・客殿・鐘楼
・装飾箇所:蟇股(本堂・鐘楼の猿)、障壁画(客殿)など多数

西教寺は大津市坂本にある天台真盛宗総本山 です。聖徳太子のころからあるといいますが、室町 時代、真盛(1443〜1495)によって再興しました。
この寺院でみるべきは、猿です。屋根の上、 建物の蟇股、とにかく猿がいます。 ときには本物の猿もいるとか。 真盛が危機の時、猿が身代わりになった伝説 があります。
また、本堂欄間の彫刻(十六羅漢)、鐘楼(猿)、 唐門(麒麟など)客殿(伏見城の遺構といわれる) は、見てほしいところです。

猿

写真は鐘楼にいる猿です。御幣を持ち、烏帽子をかぶっています。

Copy Right©2003-2008 YUHO-KAKU All Rights Reserved.

装飾の間

飾りのみかた

装飾意匠図譜

装飾を読み解く

建築装飾探訪