雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>建築装飾探訪>中山寺

中山寺本堂

中山寺本堂

○データ
・場所:兵庫県宝塚市 中山寺本堂
・年代:慶長8(1603)年 豊臣秀頼の命で片桐且元が再建
     平成17(2005)年 彩色修復
・兵庫県指定文化財

中山寺は西国三十三所の第二十四番札所、聖徳太子が建立したといわれています。
また、関西有数の安産の寺として多くの崇敬者がいます。明治天皇の母、中山一位局 が祈願した寺院としても知られ、明治天皇勅願寺となっています。

○装飾配当表

正面 孔雀(1) 鳳凰(1) 鳳凰(2) 孔雀(2)
後面 蓑亀 水牛
左面 錦鶏 麒麟
右面 獅子 鳳凰? 鷹? 鹿

本尊をお祀りする本堂は慶長8(1603)年、豊臣秀頼による命で片桐且元が再建しました。
装飾彫刻は見当たりませんが、本堂全てが彩色による装飾で覆われています。
梁などに彩色で装飾されるのは珍しくありませんが、本来蟇股があって装飾彫刻がされても 不思議ではないところにも蟇股はなく、装飾絵画が施されています。
その種類は鳳凰や虎、龍といったメジャーなものから水牛といった装飾としてまずみないもの まで。何かの意味が込められているのかもしれませんが、今後の探究を待つしかありません。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.