雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>建築装飾探訪>小坂神社拝殿

小坂神社拝殿

小坂神社

○データ
・場所:石川県金沢市 小坂神社拝殿
・年代:江戸時代末期か?
・装飾箇所:唐破風 蟇股 木鼻 手挟

小坂神社は金沢市でも寺院が集中している卯辰山麓寺院群の近くにあります。
もともとは奈良春日大社の分社としてあったようですが、江戸時代には 金沢五社(金沢城下町で神官しかいない神社のこと、江戸時代までは坊さんが神社にいようと、 神官が寺院にいても不思議ではありませんでした)のひとつとして崇敬を集めました。
明治時代には「春日社」から「小坂神社」と名を変えました。
小坂神社拝殿は、いつ作られたものかわかりませんが(調査してみようと思います)、 装飾として鳳凰、龍 、獏・獅子×2、鹿(春日神の使い)、牡丹×2があります。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.