雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>建築装飾探訪>秩父神社

秩父神社

秩父神社

○データ
・場所:埼玉県秩父市 秩父神社拝殿・本殿
・年代:天正20(1592)年、徳川家康による
・彫刻は天和年間(1681〜1684)のものか?転用の可能性も。
・埼玉県有形文化財

○装飾配当表

正面 正面部分 正面部分 麒麟 獅子 大黒
宝珠 恵比寿 人物 人物 人物
獅子 麒麟 虎(1) 鶴・亀(1)
鶴・亀(2) 虎(2) 虎(3) 牡丹(手挟)
左全体 鳳凰 鳳凰 王子喬
琴高 鐘離権 通玄
寿老人・相撲 飛龍 人物 鹿
本殿全体 猿(三猿)
後面 本殿全体 許由 山鵲 山鵲
巣父
全体 山鵲 山鵲 山鵲 黄安
人物 劉海蟾 鉄拐先生
雷神 飛龍 人物 本殿全体
山鳥

秩父神社は武蔵国成立以前、知知夫国の時代から有った神社と言われ、今も秩父総社の 別名を持っています。中世、妙見信仰が入り、秩父妙見宮として隆盛。しかし明治時代の 神仏分離により秩父神社となりました。例祭は秩父夜祭です。
さて、社殿は天正20(1592)年、徳川家康による寄進。いわゆる権現造の社殿 です。これを疑わないならば、関東の装飾彫刻建築では古いものになります。しかし、秩父神社 社報「柞乃森」6号(平成4【1992】年)には天和年間(1681〜1684)に彫刻が 付加されたとあり、また『埼玉県指定文化財調査報告書  第1集』には今の拝殿の彫刻は本殿から 転用されたと推測されており、新旧入り混じっている可能性があります。
彫刻は全体的に大振り。ほとんどが小壁に彫刻されているので、ややもすれば障壁画が 彫刻と化したような姿です。虎や鳳凰と言った瑞獣、鐘離権や琴高などの仙人、恵比寿や大黒 など、バリエーションが豊富です。
諸説入り乱れているので彫刻の年代は判断しにくいのですが、大振りの彫刻は古様を 留めているといっていいと思います。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.