雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>神話・人物部>ユ黔婁

ユ黔婁(ゆきんろう)

ユ黔婁

○撮影場所:茨城県稲敷市 大杉神社
〇制作年代:正徳年間(1711〜1716)
父のために北斗七星に祈るユ黔婁。

■物語(中国二十四孝)
ユ黔婁はある日胸騒ぎがして、父が病にかかったと思って、官位を捨てて故郷に 戻った。医師に病状を聞くと、父の大便を嘗めて味が甘ければ大丈夫と言われたので、 ユ黔婁は躊躇なく嘗めた。すると苦い味がしたので、父の死が近いことを感じ取った ユ黔婁は北斗七星に身代わりを願ったのであった。

出典・参考

・中国二十四孝 ユ黔婁(日本古典文学大系『御伽草子』)
ユ黔婁は南斉の時の人也。孱陵といふところの官人になりて、すなはち 孱陵県へ至りけるが、いまだ十日にもならざるに、たちまちに胸騒ぎしける程に、 父の病み給ふかと思ひ、官を捨て帰りければ、案の如く大に病めり。黔婁、医師に よしあしを問ひければ、医師、病者の糞を嘗めてみるに、甘くにがからばよかるべし と語りければ、黔婁やすき事なりとて嘗めてみければ、味はひよからざりける程に、 死せんことを悲しみ、北斗の星に祈りをかけて、身代りにたたんことを 祈りたるとなり。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.