雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>神話・人物部>浦島太郎

浦島太郎(うらしまたろう)

浦島太郎

○撮影場所:富山県富山市 八尾曳山祭西町山
○制作年代:明治6(1873)年
亀が龍宮(蜃気楼か)を出し、浦島太郎は白髪の老人となっている。 浦島太郎の話は諸説あり、乙姫=亀というパターンもある。
○その他浦島太郎の姿:玉手箱を開く(石動曳山祭中新田山)

■概要
源流は『日本書紀』『風土記』にある浦嶋子。室町時代の『御伽草子』にもある。
亀を助けて竜宮城へ、帰って玉手箱を開けた瞬間老人になってしまったという 話はあまりにも有名だが、亀が乙姫になるとか、老人になった後鶴になって飛翔するとか、 諸本によって異なる。仙人や長寿伝説が見え隠れしている。
数ある昔話の中でも浦島太郎を装飾に使うことが多く、これは「浦島太郎=鶴 (玉手箱を開けた後老人になり、そして鶴になって飛び立ったという)」と「乙姫 =亀」という組み合わせ(鶴亀)から用いられたのではないかと思われる。

参考・出典

・正徳4(1714)年『絵本故事談』巻之三 浦嶋子(『江戸怪異綺想文学大系』3)
雄略天王二十二年秋七月、丹州余社の郡管川の人、水江の浦嶋が子といふ者、舟に 乗て釣を垂る。遂に大なる亀を得たり、化して女となる。浦嶋が子感じて夫婦となる。 相伴て海に入、蓬莱山に至り、三百四十余年を歴て淳和帝天長二年に帰る。別るに及で婦 玉手箱を与へいましめていはく、「開ことなかれ」と浦嶋が子帰りて、未審くや有けん、 箱を開ければ、中より煙たちのぼり、其時浦嶋が子若き形を変じて忽白髪の老翁となれり。 世俗にあけてくやしき玉手箱といふ、是なり。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.