雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>神話・人物部>朱寿昌

朱寿昌(しゅじゅしょう)

朱寿昌

○撮影場所:茨城県稲敷市 大杉神社
〇制作年代:正徳年間(1711〜1716)
場面は朱寿昌が年老いた母に50年ぶりに出会ったところ。

■物語(中国二十四孝)
朱寿昌は7歳で母と生き別れになった。 母と会わざること50年、朱寿昌 は妻子、官位を全て捨てて母に会いに行こうとする。 そして天に祈り、自らの血でお経を書く。
その結果、母に50年ぶりに会えた、という。

出典・参考

・中国二十四孝 朱寿昌(日本古典文学大系『御伽草子』)
朱寿昌は、七歳の時、父その母を去りけり。さればその母をよく知らざりければ、 此事を歎き侍べれども、つゐにあはざること五十年に及べり。ある時寿昌官人なりと いへども、官録をもすて、妻子をもすて、秦といふところへ尋ねに行きけるとて、母に あはせて給へとて、自ら身より血をいだして、経を書きて、天道へ祈りをかけて、尋ねたれば、 志の深き故に、つゐに尋ねあへるとなり。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.