雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>神話・人物部>黄山谷

黄山谷(こうさんこく)

黄山谷

○撮影場所:茨城県稲敷市 大杉神社
〇制作年代:正徳年間(1711〜1716)
母の大小便の入った器を自ら処理する。これが孝行とされた。

■物語(中国二十四孝)
黄山谷(黄庭堅 1045〜1105)は北宋の書家・詩人。宋の四大家でもある。
孝行でも有名だったようで、二十四孝に採用されている話は、召使いや妻も いるのに、自ら母の大小便の入った器を処理して母によく仕えた、とある。

出典・参考

・中国二十四孝 黄山谷(日本古典文学大系『御伽草子』)
山谷は、宋の代の詩人なり。今に至りて、詩人の祖師といはるる人なり。 あまた使ひ人も多く、また妻も有りといへども、自ら母の大小便の、器物を取り 扱ひて、けがれたる時は、手づからこれを洗ひて、母に与え、朝夕よく仕へて、 おこたる事なし。されば一をもつて、万を知るなれば、そのほかの孝行、推し量 られたるとて、此人の孝義、天下にあらはれたるとなり。この山谷のことは、 余の人にかはりて、名の高き人なり。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.