雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>神話・人物部>劉晨・阮肇

劉晨・阮肇(りゅうしん・がんちょう)

劉晨・阮肇

○撮影場所:富山県高岡市
伏木曳山祭本町山
○制作年代:天保12(1841)年

他に作例を見ていないので、なんとも言えないのだが、 銘文が残っており断定ができる。判断ができない場合は、 銘文が重要な役割を持つことが多い。

■概要
中国後漢時代の人物と言われている。
『有象列仙全伝』によれば、山に迷ったところ、2人の婦人に招かれて とある家にお世話になることになった。
半年後、2人は故郷のことが気になり婦人の家を出て行く。ところが 故郷は荒れ果て、知り合いも誰もいない状態になっていた。2人は慌てて 婦人の家に戻ろうとしたが、婦人の家も忽然と消えてしまっていた、という。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.