雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>神話・人物部>林和靖

林和靖(りんなせい)

林和靖

○撮影場所:京都市上京区 御所宜秋門
○制作年代:江戸時代末期
鶴と梅の花。この組み合わせで確実。
・林和靖の姿:下記へ

■概要
967〜1028。中国宋時代の詩人。和靖は謚(おくりな)で、名は逋、字は君復。
20年にわたって世俗との関わりをたち、妻子も持たず、梅を妻のように愛し、 鶴を飼って子どものように可愛がっていた。
このことから風雅な生活を送ることを「梅妻鶴子」と言う。

■図像
・林守篤『画筌』(正徳2【1712】年自序、享保6【1721】年刊)

林和靖の姿

場所 形状・部位 年代 備考
八王子市薬王院飯綱権現堂 唐狭間彫刻 1729年
八尾曳山祭諏訪町山 八枚彫彫刻 明治中期
Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.