雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>神話・人物部>菅原道真

菅原道真(すがわらのみちざね)

菅原道真

○撮影場所:富山県射水市 新湊曳山三日曽根山
○制作年代:昭和24(1949)年
組み合わせは梅。人物でここまで梅が合わせられることは まずないだろう。

■概要
845〜903。平安時代の政治家・学者。 時の天皇である宇多天皇の信任を受け、右大臣まで出世するが、 藤原時平の讒言によって大宰府へ左遷、亡くなる。
死後、怨霊(御霊)として恐れられ、京都北野の地に祀られ、 (北野天満宮)。 今は学問の神として尊崇されている。
装飾として使われる例はまずないと思われるが、神として祀られたため 神像・神影として多く残っている。

■特徴
・男性、壮年
・装束はさまざまな例がある
・ご神影としての姿が多い(装飾として使われるのは稀だろう)
・組み合わせ:梅 松 

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.