雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>神話・人物部>不動二童子

不動二童子(矜羯羅童子・制多迦童子)(ふどうにどうじ【こんがらどうじ・せいたかどうじ】)

不動二童子

○撮影場所
東京都大田区御嶽神社本殿
○制作年代:天保2(1831)年
『平家物語』「文覚荒行」より、滝修行の場の部分。 左が矜羯羅童子・右が制多迦童子。

仏像としてみる機会は頻繁にあるが、装飾彫刻としてはほとんどないだろう。

■概要
矜羯羅童子・制多迦童子は不動明王の眷属。不動明王は眷属が多くいる(八大童子とも、三十六大童子とも) が、その中でも最も有名なのがこの二童子である。
矜羯羅童子は白身、優しい顔をし、合掌、もしくは蓮華を持つ(写真では蓮華と巻物)。
制多迦童子は赤身、怒りの表情をし、手には金剛棒を持つ。
今回紹介するものは文覚との組み合わせだが、これは『平家物語』巻第五「文覚荒行」から。

出典・参考

・『平家物語』巻第五「文覚荒行」(梶原正昭他校注『平家物語二』岩波文庫 1999年)
(文覚が21日の滝行を試みて)三日といふに、文覚つひにはかなくなりにけり。滝つぼをけがさじとや、 みづらゆうたる天童二人、滝のうへよりおりくだり、文覚が頂上より、手足のつまさき、たなうらにいたるまで、 よにあたたかにかうばしき御手をもッて、なでくだし給ふとおぼえければ、夢の心ちしていき出でぬ。 「抑いかなる人にてましませば、かうはあはれみ給ふらん。」ととひたてまつる。「われはこれ大聖不動明王 の御使に、矜羯羅・制多迦といふ二童子なり。「文覚無上の願をおこして、勇猛の行をくはたつ。ゆいてちからをあはすべし」 と、明王の勅によッて来れる也」とこたへ給ふ。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.