雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>神話・人物部>塔供養

塔供養(とうくよう)

塔供養

○撮影場所:東京都葛飾区 柴又帝釈天(題経寺)帝釈堂
○制作年代:大正末期〜昭和9(1934)年

■概説
釈尊の白毫から光が放たれ、様々な奇跡が起こった。この奇跡について未来の仏 である弥勒菩薩は文殊菩薩に奇跡が起こった理由について質問する。
文殊菩薩は釈尊が偉大な教え(法華経)を説く前兆と答え、前例として 過去の仏である日月灯明仏が起した奇跡と仏国土、そして塔の供養について語りだす。

出典

・『法華経』序品第一(岩波文庫『法華経』上)
文殊師利よ 諸の仏子等は 舎利を供せんがために 塔廟を厳飾するに  国界は自然に 殊特妙好なること 天の樹王の その華、開敷するがごとし。 仏、一の光を放ちたもうに われ及び衆会は この国界の 種種殊妙なるを見る。  諸仏の神力 智慧は希有にして 一の浄光を放ちて 無量の国を照らしたもう。  われらはこれを見て 未曾有なることを得たり。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.